メニュー
閉じる
戻る
閉じる

テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭の「格上」「格下」って誰だ。
テニスは、ランキング=格ではない。

2017/01/31 11:00

 
錦織圭の「格上」「格下」って誰だ。テニスは、ランキング=格ではない。<Number Web> photograph by AFLO

ケガからの復帰明けながら錦織を打ち破ったフェデラー。いまだ「格」も「実力」も世界最高峰である。

 相撲の世界には「格」がある。例えば、新進気鋭の若手力士が横綱と初対戦するときに、多くのファンは、若手が横綱を倒す夢を見るが、その夢はたいてい叶わない。そういうとき勝った横綱は「まだ顔じゃないよ」と言う。

「顔」イコール「格」であり、「格」という言葉はやすやすと使ってはいけない。表現を変えるならば、「格」イコール「信用」ということだ。格下は格上の人の強さを心密かに信じている。だから本当に「格」が違う場合は、まず間違いは起こらない。相撲に限らずスポーツの世界は「格」がもの言う世界だと思う。

 ところが、この「格」という言葉を形容詞のように安易に使っているメディアが多い。テニス報道が特にひどい気がする。テニスの記事を丹念に拾っている方なら「またか!」とうんざりしているのではないだろうか?

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加