メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ボクシング拳坤一擲BACK NUMBER

日本は“ボクシング大国”なのか?
増える王者の陰で、競技人口が危機。

2017/04/23 11:30

 
日本は“ボクシング大国”なのか?増える王者の陰で、競技人口が危機。<Number Web> photograph by AFLO

村田諒太は、アマチュアからプロに転向し、ミドル級の世界戦にたどりついた。ピラミッドの頂点は、裾野が広がらなければ高みに届かないのだ。

 ロンドン五輪金メダリスト、村田諒太(帝拳)の世界挑戦が決まり、5月20、21日は村田を含めて計6試合の世界タイトルマッチが一気に開催される。大みそかの複数世界戦も定着した感があり、我が国のボクシング界はにわかに活気づいてきたようにも見えるが、はたしてそうなのだろうか?

 今回は“数字”で見るプロボクシングの現状をお伝えしよう。

 世界的なボクシング記録サイト「ボックスレク」によると、2017年4月20日時点で、アクティブに活動しているプロボクサーの数は世界で2万3460人。ボクシング大国のメキシコが3343人、マーケットの一番大きいアメリカが3266人、いま最もボクシング景気がいいと言われるイギリスが1000人で、日本は1436人となっている。同サイトによれば、ほかに1000人を超える国はアルゼンチンだけだ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加