メニュー
閉じる
戻る
閉じる

F1ピットストップBACK NUMBER

サンパウロの墓参りは欠かさない。
今もブラジルGPが繋ぐセナとホンダ。

2017/11/19 07:00

 
サンパウロの墓参りは欠かさない。今もブラジルGPが繋ぐセナとホンダ。<Number Web> photograph by Honda

サンパウロ市内、モルンビーの丘の墓地で、ホンダのスタッフは今年もセナの墓に参った。

 アイルトン・セナとともに数々の栄光を手にしてきた歴史を持つホンダにとって、セナの母国で開催されるブラジルGPは、思い出深いグランプリだ。そのブラジルを今年、特別な思いで訪れたホンダのスタッフがいた。

 現在、ホンダF1のERSエンジニアとして働く岡田研だ。少年時代、レースから程遠い場所で学生生活を送っていた岡田が、この世界に興味を持つきっかけとなったのが、1988年のマクラーレン・ホンダの16戦15勝の活躍だった。

 その中心にアイルトン・セナがいた。

 2年後の1990年にホンダに入社した岡田は、翌'91年からF1の電装系を担当するエンジニアに抜擢され、テストでセナと仕事をすることになった。あこがれの存在だったセナとの初仕事に、岡田は会う前から興奮した。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加