メニュー
閉じる
戻る
閉じる

スポーツ百珍BACK NUMBER

羽生さんは別格、では藤井くんは?
中村太地王座が語る将棋の“格”。

2018/02/19 17:00

 
羽生さんは別格、では藤井くんは?中村太地王座が語る将棋の“格”。<Number Web> photograph by Kyodo News

藤井聡太六段(対戦時は五段)は羽生善治二冠に勝利した。しかし、これで「藤井くんの方が強い」と言えないのが将棋の奥深さなのだ。

「藤井四段」だったはずが、あっという間に「藤井六段」である。そして「藤井七段」、「藤井棋聖」に――。

 2018年2月17日の朝日杯将棋オープン戦、藤井聡太五段は準決勝で羽生善治二冠、決勝で広瀬章人八段に勝利した。

 中学生棋士初の棋戦優勝、それによる六段昇格で、「藤井五段」と呼ばれた期間はわずか17日だった。今後、藤井五段と書く機会はそうそうないだろう。

 また準々決勝では、佐藤天彦名人にも勝っている。あの29連勝に始まり、名人・永世七冠を立て続けに破る15歳は、どう考えてもマンガ、いやマンガでも“毎回最終回かよ”レベルだ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加