メニュー
閉じる
戻る
閉じる

F1ピットストップBACK NUMBER

スーパーアグリは今も走っている!
所有する佐藤琢磨ファンの夢とは。

2018/08/15 11:15

 
スーパーアグリは今も走っている!所有する佐藤琢磨ファンの夢とは。<Number Web> photograph by Masahiro Owari

SA06を自ら駆るウォルフガング・ヤクシ。BOSSGPには'97年のベネトンや'06年のトロロッソなど懐かしのF1マシンの姿もある。

photograph by

Masahiro Owari

 ドイツGPとハンガリーGPの2連戦の最中、F1参戦継続が危ぶまれていたチームがあった。インド人のビジェイ・マリヤがオーナーを務めていたフォース・インディアだ。

 スパイカーを買収し、2008年からインドチームとして初めてF1に参戦したマリヤだったが、'17年に詐欺罪で逮捕されると、チーム運営が一気に悪化。多額の負債を抱えたチームに対して、債権者がイギリス・ロンドン高等裁判所へフォース・インディアの破産手続き申立書を提出するという法的措置を行なっていた。

 その後、管財人の管理下に置かれたフォース・インディアだったが、カナダのビジネスマンにしてウィリアムズのランス・ストロールの父、ローレンス・ストロールが率いる投資家コンソーシアムが、チームを救済することで合意。その結果、約400人のスタッフを抱えたフォース・インディアは、8月24日から再開するベルギーGP以降も、F1に参戦することとなった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加