メニュー
閉じる
戻る
閉じる

今日も世界は走っているBACK NUMBER

2時間1分台の世界新より恐るべき、
キプチョゲの「ラスト2.195km」。

2018/09/22 11:00

 
2時間1分台の世界新より恐るべき、キプチョゲの「ラスト2.195km」。<Number Web> photograph by AFLO

ベルリンマラソンで世界新を叩き出したエリウド・キプチョゲ。終盤のラストスパートは驚異的なタイムだった。

 ベルリンマラソンでエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間1分39秒の世界新記録をマークした。従来の記録2時間2分台(2時間2分57秒)をあっさり、なんと1分18秒も大幅に破った偉業である。

 実は、レースの日の早朝「ベルリンではキプチョゲが1分台を出すかもしれませんね」というタイム予想を、シドニーマラソン解説の直後にテレビ局関係者と話していた。彼なら2時間2分台の世界記録では満足しないと思ったからだ。

 キプチョゲの勝負強さは、リオ五輪(2016年)の金メダルが物語っている。

 また、世界記録更新の可能性がいかに高かったかということも、昨年5月にフルマラソンでの2時間切りを目指すイベントとして開催された「ブレイキング2」で実証済みである。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加