メニュー
閉じる
戻る
閉じる

沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

競馬を変えたノーザンファーム天栄。
休み明けをプラスにする最強の外厩。

2019/05/22 11:30

 
競馬を変えたノーザンファーム天栄。休み明けをプラスにする最強の外厩。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

ノーザンファーム天栄自慢の坂路。多くの人や馬がひしめくトレセンより、ストレスが少ないことは明らかだろう。

photograph by

Kiichi Matsumoto

「天栄ホース」という言葉が、昨年の秋ごろから、一部の競馬ジャーナリストの間で使われるようになっている。

 そう、レースとレースの合間の調整を、福島の「ノーザンファーム天栄」で行っている馬たちのことである。昨年、アーモンドアイやブラストワンピースなど、間隔をあけながら使われる馬が大舞台で立てつづけに結果を出し、注目されるようになった。

 ノーザンファームの生産馬は、今年3月31日の大阪杯から先週のオークスまで、JRA平地GI7連勝という、とてつもない強さを見せている。そのうち、年明け初戦となった桜花賞を中15週という最長間隔優勝記録で制したグランアレグリア、3カ月半ぶりの実戦となった天皇賞・春を勝ったフィエールマン、中8週のヴィクトリアマイルを制したノームコアが「天栄ホース」である。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加