メニュー
閉じる
戻る
閉じる

欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

田中陽子「サッカーも合う気がする」。
違和感を乗り越え、笑顔でスペインへ。

2019/08/04 11:30

 
田中陽子「サッカーも合う気がする」。違和感を乗り越え、笑顔でスペインへ。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

スペイン1部へ移籍を決断した田中陽子。これまでの経験を糧に夢だった海外でのプレーに挑む。

photograph by

Yuki Suenaga

 まだ19歳だった2012年、田中陽子は女子サッカー界のニューヒロインとして脚光を浴びた。

 時代は“なでしこブーム”の真っただ中。2011年にワールドカップを制し、この年のロンドン五輪でも準優勝に輝いた。田中が名を連ねたU-20日本代表は「ヤングなでしこ」と称され、彼女は“可愛くてうまい選手”の1人として注目された。

 1993年生まれ。現在26歳。山口県出身。中学生からはいわゆるエリート育成機関である「JFAアカデミー」の1期生として単身福島にわたり、卒業後の2012年にINAC神戸レオネッサに加入した。3年後の2015年からはノジマステラ神奈川相模原でプレー。今年6月に退団するまで、約4年半の歳月をこのチームで過ごした。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加