メニュー
閉じる
戻る
閉じる

スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

あの独立自尊の大迫傑が振り返った。
MGC41.8km地点、衝撃の場面。

2019/09/17 20:00

 
あの独立自尊の大迫傑が振り返った。MGC41.8km地点、衝撃の場面。<Number Web> photograph by Yoichiro Funakoshi/JMPA

大迫傑が前ではなく、「自分を追うランナー」の位置を確かめている。彼の性格を考えればどれほど追い詰められていたかがわかる。

photograph by

Yoichiro Funakoshi/JMPA

 勇敢と、無謀は紙一重である。

 設楽悠太の飛び出しは、勇敢だったのか。それとも、無謀だったのか。

 結果だけを見れば、無謀だったということにはなる。

 それでも勝負が優先されるレースで、自らのレーススタイルにこだわった設楽の勇気は讃えたい。設楽の大逃げが成功する可能性もあったからだ。

 いいレースには、あれやこれやと様々な「仮定」というか、「妄想」が成り立つ。

 もう少し、気温が低かったら(翌日の東京は雨が降り、涼しかった)。

 1キロ3分ペースではなく、3分10秒ペースでも、十分な飛び出しだったのではないか?

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加