メニュー
閉じる
戻る
閉じる

テニスPRESSBACK NUMBER

ジョコビッチよ、俺と練習してくれ!
有明で叶った嘘のようなホントの話。

2019/10/20 20:00

 
ジョコビッチよ、俺と練習してくれ!有明で叶った嘘のようなホントの話。<Number Web> photograph by Iori Yoshida

ジョコビッチ(右)と2ショットに収まる吉田伊織。世界No.1プレーヤーと夢のような時間を過ごした。

photograph by

Iori Yoshida

「どこに打っても、そこにノバクがいたんだ」

 世界No.1テニスプレーヤー、ノバク・ジョコビッチに敗れたあるトップ選手の敗戦の弁である。錦織圭もその強さを「壁」と言い表したことがある。

 持ち前の柔軟性と俊敏さでコートのすべてをカバーし、どんなボールを打ち込んでも返球してくる。それこそがジョコビッチである。

 分かっていたつもりだが、その“壁っぷり”はコートの範疇にとどまるような単純なものではなかったらしい。今年の楽天ジャパン・オープン、初出場で易々と優勝したジョコビッチは、ある驚くような行動で世界一の返球力を我々に示していった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加