メニュー
閉じる
戻る
閉じる
 

フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

シェルバコワ、衝撃の4ルッツ2回。
GP初戦「女子4回転時代」が鮮明に。

2019/10/22 08:00

 
シェルバコワ、衝撃の4ルッツ2回。GP初戦「女子4回転時代」が鮮明に。<Number Web> photograph by Christian Petersen - ISU/Getty Images

GP初戦、スケートアメリカで銀メダルのテネル(左)、優勝したシェルバコワ(中)、銅メダルのトゥクタミシェワ。

photograph by

Christian Petersen - ISU/Getty Images

 10月18日から20日までネバダ州ラスベガスで開催されていたフィギュアスケートシニアGP大会初戦、スケートアメリカでシニアデビューの15歳、ロシアのアンナ・シェルバコワが優勝した。

 ジュニアから上がってきたばかりの新人が、シニアの初戦で優勝というのは女子においてそれほど珍しい現象ではない。エリザベータ・トゥクタミシェワ、エフゲニア・メドベデワ、アリーナ・ザギトワなど、のちに世界チャンピオンになった選手たちはいずれもシニアに上がったGP初戦で優勝している。

 だが今年は、長いフィギュアスケート史の中でも異常な事態が発生した。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録

フィギュアスケートの前後のコラム

マイページに追加