メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Number on NumberBACK NUMBER

女子ゴルフの若年化。
~21歳渋野と25歳鈴木の賞金女王争い~

2019/12/22 08:30

 

2年ぶり2度目の賞金女王に輝いた鈴木愛は1994年5月9日生まれの25歳。羽生結弦、大谷翔平、桃田賢斗、高木美帆らと同い年だ。

photograph by

Getty Images

 日本の女子のゴルフは2019年、渋野日向子の全英女子オープン優勝、鈴木愛の年間7勝、19歳の古江彩佳がアマチュアで優勝を果たすなど、大きな話題がいろいろあった。賞金女王は鈴木が2度目、1億6018万9665円を稼ぎ出した。年間39戦で、賞金総額39億4500万円という歴代で最大規模のツアーだったから、賞金3000万円以上のゴルファーが39人という、女子のツアーとしては、歴史に残る賞金ランキングとなった。

 '19年に優勝を飾ったゴルファーを見ていくと、プロになって間もない世代がたくさん勝っていることが分かって、興味深いところがあるのだ。渋野と同じ'19年に21歳になった優勝者が、勝みなみ、小祝さくら、河本結、淺井咲希、20歳になったのが畑岡奈紗、稲見萌寧、原英莉花、タイのサランポーン・ランクンだ。アマチュアで10月に優勝したあとプロになった19歳の古江まで含めて、'17年以降に日本女子プロゴルフ協会の会員になったゴルファーたちだ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加