メニュー
閉じる
戻る
閉じる

箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

“山の神”の名付け親は今――。
「お前かよ、って感じでしょう」

2020/01/01 11:50

 
“山の神”の名付け親は今――。「お前かよ、って感じでしょう」<Number Web> photograph by Wataru Sato

3年連続5区だった北村聡は、最終年度は希望して2区を走った。今年から日立製作所女子陸上部の監督を務める。

photograph by

Wataru Sato

 北村聡が歴史的なその事実に気がついたのは、大学を卒業してしばらく経ってからのことだった。

 箱根駅伝の関係者が集まる食事会に参加したとき、日本テレビのアナウンサーから言われた。

「そういえばアレって北村君が最初に言ったんだよね?」

「あ、そうでした?」

「そうだよ、そうだよ」

 やまのかみ【山の神】 箱根駅伝で山上りの5区を神のごときスピードで駆け上がり、チームを優勝に導くランナー。

 今ではファンのみならず、一般の人にまで浸透した感のあるフレーズである。大会の人気が高まっていく上で、世間が食いつきやすい重要なキャッチコピー的な役割も果たした。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加