メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

開幕後の空白期間をどう過ごす?
石川遼、今平周吾らが海を渡る理由。

2020/01/30 07:00

 

男子ツアー開幕戦となった「SMBCシンガポールオープン」で日本人最上位の6位に入った木下稜介。松山、石川と同学年の28歳だ。

photograph by

Yoichi Katsuragawa

 日本の男子ゴルフツアーは1月第3週、今年も東南アジアでスタートした。

 SMBCシンガポールオープンがアジアンツアーとの共同主管競技として、日本の開幕戦となって5年目。2020年はオリンピックイヤーということで、前回2016年リオデジャネイロ五輪のメダリスト3人が招待選手として出場した。

 優勝したのは当時銅メダルを米国にもたらしたマット・クーチャー。1月第1週から2試合続けてハワイでプレーしてから、海をわたってタイトルをかっさらっていくのだから、実力は流石としか言いようがない。

 最終日は一時的に4ストロークあったリードを失い、バックナインで立て直して後続を退けた。PGAツアーで9勝を挙げているクーチャーからすれば、あるいは一部のファンからすれば、アジアと日本のフィールドは見劣りするのかもしれない。だが、最終ホールで何度もガッツポーズを繰り返す姿を見ていると、彼自身がそんな安っぽい心構えでプレーをしていないことが分かる。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加