メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ゴルフPRESSBACK NUMBER

ミケルソンを取り巻く猜疑心と愛情。
国民的スターに何が起きているのか。

2020/02/27 08:00

 

ゴルフ界において長らくアメリカの象徴だったミケルソンが50歳。そのキャリアの晩年に注目が集まっている。

 全米オープンの主催者であるUSGA(全米ゴルフ協会)が、ツイッターでこんなトリビア・クイズを出した。

「フィル・ミケルソンは全米オープンで2位になること、過去6回。NYで勝ちそこなったのは、そのうちの何回だったか?」

 人々は次々に「3回だ!」「4回だ!」と思い思いのツイートをし始め、6000人超が返答したころ、驚いたことにミケルソン本人がツイートを入れた。

「それは、4回です」

 末尾には泣き顔の絵文字まで添えられており、それが人々を微笑ませ、苦笑もさせて、すぐさま大きな話題になった。

 そう、ミケルソンがNYエリアで開催された全米オープンで勝利を逃したのは合計4回。べスページで開催された2002年大会に始まり、2004年のシネコックヒルズ、2006年のウイングドフット、そして2009年は、またしてもべスページで2位になった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加