メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ゴルフPRESSBACK NUMBER

賞金女王・鈴木愛の“職人的クラブ”。
「新しくて飛ぶ」より重視するもの。

2020/02/28 12:00

 

昨季最終戦、リコー杯女子ゴルフを通算5アンダーの5位タイで終え、2年ぶり2度目の賞金女王に輝いた鈴木愛。年間獲得賞金は1億6018万9665円。

 2020年はプロゴルファー・鈴木愛にとって特別な年になるはずだ。

 '19年シーズンの賞金女王、ディフェンディングチャンピオンとして、いわゆる黄金世代、プラチナ世代と呼ばれる若手実力派の選手たちのチャレンジを受ける。

 そしてその中でまず東京オリンピックの舞台へと進み、そこでメダルを目指すという戦いもある。

 その大切なシーズンに向けて鈴木は2月上旬から約2週間の米・アリゾナ合宿を行ってきた。

「いつもアリゾナでは風邪をひくんですけど、今年は何とかひかずに終われました。いい調整ができました」

 順調に過ごしたアリゾナの2週間。目的はもちろんショット、パットなど技術的な調整だ。ただもう一つ、やらなければならない大切なことは、そのシーズンに使うクラブの基本セッティングを決めることにある。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加