メニュー
閉じる
戻る
閉じる

大山加奈のVolleyball is Life BACK NUMBER

春高バレーの“メグカナ対決”を回想。
「このまま一生試合をしていたい」

2020/04/11 11:50

 
春高バレーの“メグカナ対決”を回想。「このまま一生試合をしていたい」<Number Web> photograph by Kyodo News

2002年3月26日に行われた全国選抜バレー選手権女子決勝で優勝した成徳学園(現・下北沢成徳)。大山加奈は表彰式で優勝旗を受け取った。

photograph by

Kyodo News

『Sports Graphic Number』創刊1000号を記念して、NumberWebでもライター、著名人による「私にとっての1番」企画を掲載! 今回は元バレーボール日本代表・大山加奈氏が選んだベストゲームを振り返ります。解説者として活躍する今でも鮮明によみがえる一戦は、夢にまで見た春高バレー決勝の舞台でした。

 私にとって「ナンバーワン」は、高校2年の春高バレー決勝戦です。このまま一生試合をしていたい。終わってほしくない。そんな風に思えた唯一の試合でした。

 バレーボールを始めた頃から、春高バレーに憧れていました。自分では覚えていなかったのですが、小学校4年生の時に将来の自分が春高決勝で、優勝が決まるサーブを打つシーンを絵に描いていたほど、幼い頃から夢見た舞台でした。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加