メニュー
閉じる
戻る
閉じる

オリンピックへの道BACK NUMBER

競泳エース・瀬戸大也の挫折と再起。
五輪延期で高みを目指し下した決断。

2020/05/06 11:30

 
競泳エース・瀬戸大也の挫折と再起。五輪延期で高みを目指し下した決断。<Number Web> photograph by AFLO

今年1月、日本選手団の公式服装発表会に参加し、「後悔しないように、あと半年を過ごしたい」と語っていた。

 登りつめるはずの山がなくなった。そのときに受ける喪失感はいかほどか。

 今夏に予定されていた東京五輪は延期を余儀なくされた。そのとき、失意に沈んだ選手は少なくなかった。

 競泳の瀬戸大也もそうだったろう。近年は充実の一途にあり、しっかりと2020年へ照準を合わせていた。

 個人メドレーとバタフライを主戦場とする瀬戸は、2019年の世界選手権で、200m個人メドレーと400m個人メドレーの金メダルを獲得。さらに、200mバタフライでも銀メダルを獲得。個人種目としては3種目でメダル獲得という日本選手初の快挙も成し遂げていた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加