メニュー
閉じる
戻る
閉じる

F1ピットストップBACK NUMBER

ベッテル離脱でドイツF1界に翳り?
シューマッハーから続く栄光は……。

2020/05/27 11:00

 
ベッテル離脱でドイツF1界に翳り?シューマッハーから続く栄光は……。<Number Web> photograph by Getty Images

2004年日本GPで表彰台に上がるシューマッハー兄弟(左ラルフ、右ミハエル)。ドイツの輝きは今や遠い記憶か。

photograph by

Getty Images

 シーズン開幕が延期されたままの状況が続く中、2020年のF1はコース上での戦いよりも先に、シート争いというコース外での戦いが勃発した。 

 最初にそのトリガーを引いたのは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だった。フェラーリはすでに昨年末、'22年まで契約があるシャルル・ルクレールに対して、さらに契約を2年延長して'24年までとしていた。ところが、契約が今年限りとなっていたベッテルに対しては、単年契約を提示。しかも、大幅な年俸ダウンが条件となっていた。

 これはフェラーリのナンバー1ドライバーはもはやベッテルでないことを示しており、これまで4度チャンピオンに輝いた経験を持つベッテルにとって、屈辱的とも思える内容だった。 

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加