メニュー
閉じる
戻る
閉じる

将棋PRESSBACK NUMBER

藤井聡太の完璧さにマジックはない。
若き羽生善治の“伝説”を思い出して。

2020/07/08 19:00

 
藤井聡太の完璧さにマジックはない。若き羽生善治の“伝説”を思い出して。<Number Web> photograph by Shigeru Tanaka/Kyodo News

羽生善治(左)と藤井聡太。2人の棋士に触れた人々が持つ感情は、尊敬を超えて畏怖の境地ともいえる。

photograph by

Shigeru Tanaka/Kyodo News

 中学生のうちに奨励会を卒業して棋士になった早熟の天才は、将棋史に5人しか存在しない。加藤一二三('54年、14歳7カ月/以下敬称略)、谷川浩司('76年、14歳8カ月)、羽生善治('85年、15歳2カ月)、渡辺明('00年、15歳11カ月)、藤井聡太('16年、14歳2カ月)という面々だ。

 どのお顔も、当然のようにタイトル経験者。この中に入って最年少記録を打ち立てた藤井聡太も、間もなくその栄誉を手にすることになるのだろう。

 将棋界ほど早熟がもてはやされる世界はない。20代後半ぐらいまでが棋力の伸びのピークとプロ棋士の誰もがそれを実感しており、それまでにどれほど高いレベルの経験を積んだかがその後も含めての棋士人生を決めると信じられているのだ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加