メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ボクシングPRESSBACK NUMBER

井上尚弥のいとこ、井上浩樹は
なぜオタクボクサーになったのか。

2020/07/15 11:30

 
井上尚弥のいとこ、井上浩樹はなぜオタクボクサーになったのか。<Number Web> photograph by Koki Inoue

自宅からも伝わるアニメへの愛。最近は恋愛アドベンチャーゲーム『Rewrite』を再びプレーしている。

「ボクシングは仕事として、好きなアニメ、マンガ、ゲームのためにやっています。稼いできた賞金の7割くらいはそういった趣味に使っているはず。仕事(ボクシング)で辛い時は、2次元の世界に帰りますね。逃げるじゃなく“帰る”。あくまでホームは2次元なので(笑)。仕事のときだけ、現実に戻らなきゃいけないという感じです」

 そう語るのはプロボクサー、井上浩樹(大橋ジム)、28歳。

 2015年にプロデビューしてから15戦全勝、WBOアジアパシフィック・スーパーライト級王者にして日本同級チャンピオンだ。井上尚弥(WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者)、井上拓真(元WBC世界バンタム級暫定王者)が従兄弟にあたり、「井上家の最終兵器」と称される逸材だ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加