メニュー
閉じる
戻る
閉じる

大相撲PRESSBACK NUMBER

4カ月ぶりの本場所の見どころは?
新大関朝乃山と世代間抗争の楽しみ。

2020/07/17 07:00

 
4カ月ぶりの本場所の見どころは?新大関朝乃山と世代間抗争の楽しみ。<Number Web> photograph by Kyodo News

7月場所を目指し、所属する高砂部屋でのぶつかり稽古で汗を流す朝乃山。

photograph by

Kyodo News

 相撲ファン待望の本場所が4カ月ぶりに幕を開けようとしている。当初は無観客での開催を目指していた7月場所は今年1月場所以来、半年ぶりに観客を入れて実施されることとなった。

 ただし、1日の動員上限は通常の4分の1にあたる約2500人とし、4人マスは1名ずつで利用するなど客席は十分に間隔を空け、入場客はマスク着用、声援自粛、飲酒禁止など新型コロナウイルス感染予防策が徹底される。

 力士に対しても支度部屋では準備運動時も含め常にマスク着用、風呂は使用せずシャワーのみといった万全の対策が取られる。

 過去に例を見ない試みに最初は戸惑うかもしれないが、それよりも3月場所で観客が全くいない土俵を経験しているだけにかなり人数が制限されるとはいえ観客の目の前で相撲が取れる喜びは格別であろう。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加