メニュー
閉じる
戻る
閉じる

オリンピックPRESSBACK NUMBER

大迫傑も超えられなかった高校記録。
石田洸介の5000m新記録とパリ五輪。

2020/08/09 08:00

 
大迫傑も超えられなかった高校記録。石田洸介の5000m新記録とパリ五輪。<Number Web> photograph by Satoshi Wada

7月18日のホクレンディスタンス千歳大会で5000mの高校記録を塗り替えた石田洸介(東農大二)と顧問の城戸口直樹。

photograph by

Satoshi Wada

 水を得た魚のよう、とはこのことか――。

 新型コロナ禍で多くの大会が中止となるなか、なんとか開催にこぎつけた陸上競技・中長距離の北海道におけるシリーズ戦「ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020」で、数々の快記録が誕生した。

 女子3000mで田中希実(豊田自動織機TC)が18年ぶりの日本記録を樹立したほか、男子5000mの吉居大和(中大1年)、男子3000m障害の三浦龍司(順大1年)が、それぞれU20日本新記録を打ち立てた。

 なかでも強烈なインパクトを残したのが、群馬・東農大二高3年生の石田洸介だ。石田は7月18日のホクレンシリーズ最終戦の千歳大会で、16年ぶりに男子5000mの日本高校記録を塗り替える快挙を成し遂げたのだ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加