メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ゴルフPRESSBACK NUMBER

憧れはウッズ、目標はアニカ超え。
父が語る19歳笹生優花の思考と夢。

2020/08/18 20:00

 

プロ2戦目にして初優勝を飾った笹生優花。父とのトレーニングで養った圧倒的な飛距離を武器にゴルフ界に旋風を巻き起こす。

photograph by

Atsushi Tomura/Getty Images

「夢はアニカ・ソレンスタムの記録に迫ることです」

 堂々とそう言ってのけるのは、国内女子ツアー2戦目の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(軽井沢72ゴルフ 北コース)」で初優勝した19歳の笹生優花(さそう・ゆうか)だ。

 アニカ・ソレンスタムといえば、米女子ツアー通算72勝、そのうちメジャーは10勝と圧倒的な強さで、女子ゴルフ界をけん引したプロゴルファー。賞金女王も8度と輝かしい経歴の持ち主でもある。

 そんな伝説のゴルファーの記録に迫りたいと本気で思っているのだから、その思考からして“規格外”だ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加