メニュー
閉じる
戻る
閉じる

オリンピックPRESSBACK NUMBER

「9秒98では新聞1面にならない」
桐生祥秀が語る日本の100mの今。

2020/08/22 11:50

 
「9秒98では新聞1面にならない」桐生祥秀が語る日本の100mの今。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

2月、東洋大学グラウンドでの公開練習で走る桐生祥秀。東京五輪延期にも前向きなコメントが多い。

photograph by

Takuya Sugiyama

 陸上選手が次に新聞のトップを飾るとすれば、それはどんな話題だろう。

 ふとそんなことを考えたのは、春先に交わしたある選手との会話を思い出したからだった。

「多分、いや絶対、もう一度オレが9秒98で走っても新聞の一面にはならないんじゃないですか」

 声の主は、桐生祥秀。男子100mの前日本記録保持者だ。

 桐生には昨季、大きな変化があった。

 2017年に日本人として初めて100mを9秒台(9秒98)で走り抜け、日本最速の称号を手にしていたが、昨季ついにその座を9秒97を記録したサニブラウン・ハキームに奪われたのだ。さらには同学年の小池祐貴も歴代2位タイとなる9秒98を出し、9秒台のニュース的価値は総じて低くなりつつある。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加