メニュー
閉じる
戻る
閉じる

オリンピックPRESSBACK NUMBER

桐生祥秀が新国立の初代王者に。
トップ選手の違和感から見えること。

2020/08/24 17:00

 
桐生祥秀が新国立の初代王者に。トップ選手の違和感から見えること。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

8月23日のセイコーゴールデングランプリでケンブリッジ飛鳥(右)との接戦を制した桐生祥秀。これから新国立競技場でどんな走りを見せてくれるだろう。

photograph by

Asami Enomoto

 名勝負の期待は、やや肩透かしで終わった。

 8月23日、新国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ陸上で、世間の注目を集めていた競技が男子100mだ。

 日本歴代2位タイ(9秒98)の記録を持つ桐生祥秀と小池祐貴、さらに復活を期す山縣亮太、ケンブリッジ飛鳥、多田修平らトップ選手が名を連ね、日本記録の更新も期待されていたが、予選、決勝を通じて9秒台は一度も出なかった。

 優勝した桐生のタイムは10秒14。決して悪いタイムではないが、予選を最後流して10秒09と好走していただけに、目の肥えたファンを納得させることは難しかっただろう。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加