メニュー
閉じる
戻る
閉じる

オリンピックPRESSBACK NUMBER

桐生祥秀が信頼する「ピンなし」が
短距離界に起こす0.048秒の革命。

2020/08/29 18:00

 
桐生祥秀が信頼する「ピンなし」が短距離界に起こす0.048秒の革命。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

8月23日のセイコーゴールデングランプリで、ピンなしの「メタスプリント」を履く桐生。

photograph by

Asami Enomoto

「厚底」の次に来るのは、「ピンなし」だろうか。

 普段はあまり目にする機会のない、シューズの足底。厚底シューズが席巻する長距離走とは異なり、短距離走のスプリントシューズは今、足底の形状にこそ注目が集まっている。

 そのきっかけとなったのが、桐生祥秀の履くアシックス製のスパイクだった。

 従来のスパイクは地面との接地部分に金属製のピンがあるのが常識だったが、アシックスはそれを不要と判断。ピンをすべて取り除き、六角形の小さな突起物をハニカム状に配置することでその代用とした。

 いわゆる“ピンなしスパイク”を履いてから、桐生の成績は高い次元で安定している。2018年度は一度も出なかった10秒0台が、19年度になってこのシューズを本格的に採用してからは3度も記録。昨年ドーハで開催された世界陸上でもこのシューズを履いて、大舞台での使用感に手応えを深めた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加