メニュー
閉じる
戻る
閉じる

テニスPRESSBACK NUMBER

大坂なおみ「プライドをかけてここにいる」。土居美咲との全米OP初戦、かつてない逞しさと使命。

2020/09/02 11:50

 
大坂なおみ「プライドをかけてここにいる」。土居美咲との全米OP初戦、かつてない逞しさと使命。<Number Web> photograph by Getty Images

第2セットを土居美咲に取られたものの、最終セットで貫録を見せた大坂なおみ。同大会2度目の優勝に向けて歩み始めた。

 世界中のアスリート、エンターテイナーを闇に迷い込ませた100年に一度のパンデミックの中、テニスの全米オープンが開幕した。グランドスラムの中でも最大規模の2万3000人を収容するセンターコート、アーサー・アッシュ・スタジアムに観客はいない。

 もしそこがいつものように多くのファンで埋まっていたなら、開幕日のナイトセッションに登場した大坂なおみはどれほど熱狂的に迎え入れられたことだろうか。

 2年前、この場所で初めてグランドスラムのトロフィーを掲げた20歳のチャンピオンは、そのパワフルなプレーとユニークなキャラクターで一躍世界中の人気者となった。それから5カ月の間に2つ目のメジャータイトルを獲得し、女王の座に君臨。史上もっとも稼ぐ女子アスリートにもなった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加