メニュー
閉じる
戻る
閉じる

テニスPRESSBACK NUMBER

西岡良仁、マリーと4時間39分の大激戦。本人が冷徹に振り返る敗因を財産に。

2020/09/03 17:00

 
西岡良仁、マリーと4時間39分の大激戦。本人が冷徹に振り返る敗因を財産に。<Number Web> photograph by Getty Images

2セット連続で奪い、かつてのBIG4であるマリー戦勝利にあと一歩まで迫った西岡良仁。この結果で満足するような男ではない。

photograph by

Getty Images

 アンディ・マリーとの対戦が決まると、西岡良仁はツイッターにこう書き込んだ。

「これでBIG4と呼ばれる方々と全員対戦出来た!」(原文ママ)

 2018年全米でロジャー・フェデラーと対戦。今季はATPカップでラファエル・ナダルと、また全豪の3回戦ではノバク・ジョコビッチと、ともに2度目の対戦を果たした。トップ選手との対戦が増えたのは、自身がトーナメントで勝ち進むことが増えたからだ。マリーとの初対戦を喜んだのは、挑戦者の血が騒いだのと、経験値の積み上げを期待したからだろう。

 これまでに5回あったBIG4との対戦では、勝つどころか、セットも奪えなかった。しかし、この日はマリーから立ち上がりの2セットを連取した。セットカウント2-1からの第4セットには、相手のサービスゲームではあったがマッチポイントも一度あった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加