メニュー
閉じる
戻る
閉じる

フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

鍵山優真、佐藤駿、友野一希、4回転バトルと「ガンバー」の“熱情”の関係

2020/09/20 17:00

 
鍵山優真、佐藤駿、友野一希、4回転バトルと「ガンバー」の“熱情”の関係<Number Web> photograph by Dreams on ICE 2020

ライバルであり仲間でもある(左から)鍵山優真、佐藤駿、友野一希

photograph by

Dreams on ICE 2020

 フィギュアスケートの2020-21シーズン前哨戦ともいえる「Dreams on Ice 2020 Go for Tomorrow」が9月12、13日に開催された。

 トップスケーターたちは、試合形式のアイスショーで今季の初演技を披露。なかでも注目が集まったのは、鍵山優真、佐藤駿、友野一希の3人が火花を飛ばしあった4回転バトルだった。

 3人は、間違いなく来季に五輪切符を争うライバル同士。今季のうちにどこまで4回転を身に付けられるか、そしてアピールできるかが重要になる。

 まず12日のショートは、久しぶりの試合形式とあって、3人とも牽制しあうような様子で6分間練習が始まった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加