メニュー
閉じる
戻る
閉じる

猛牛のささやきBACK NUMBER

初打席初ホームラン&初お立ち台・大下誠一郎って何者? 父が手作りしたバッティングセンターで……

2020/09/20 09:00

 
初打席初ホームラン&初お立ち台・大下誠一郎って何者? 父が手作りしたバッティングセンターで……<Number Web> photograph by Kyodo News

初打席初ホームランを放った大下。中嶋監督代行も求めていたという明るいキャラクターはオリックスにどんな効果をもたらすか

 今年初めてほっともっとフィールド神戸で開催された9月15日の試合で、観客を沸かせたのは、オリックスの大下誠一郎だった。

 前日に育成契約から支配下登録されたばかりのルーキーは、即一軍登録されると、8番・三塁でスタメン出場した。

 まず目を引いたのは3桁の背番号だ。15日からの3連戦は「THANKS KOBE~がんばろうKOBE 25th~」を掲げた試合で、選手たちは1995年当時のオリックス・ブルーウェーブの復刻ユニフォームを着用した。大下は支配下登録に伴い、背番号が「006」から「40」に変わったが、復刻ユニフォームが間に合わなかったため、山岡洋之打撃投手の「102」のユニフォームを着用してプレーした。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加