メニュー
閉じる
戻る
閉じる

モータースポーツPRESSBACK NUMBER

富士24時間レースで優勝 トヨタ社長・豊田章男がレース前に語った「クルマを壊せ」の真意とは?

2020/09/19 20:00

 
富士24時間レースで優勝 トヨタ社長・豊田章男がレース前に語った「クルマを壊せ」の真意とは?<Number Web> photograph by Noriaki Mitsuhashi/N-RAK PHOTO AGENCY

富士24時間レースのST-2クラス、GRヤリスの一員として優勝を飾った“モリゾウ”こと豊田章男社長(中央)

photograph by

Noriaki Mitsuhashi/N-RAK PHOTO AGENCY

 富士スピードウェイで9月4日から6日まで、「ピレリスーパー耐久シリーズ2020第1戦 NAPAC 富士SUPER TEC 24時間耐久レース」が開催された。

 このレースのST-2クラスで優勝したマシンはGRヤリス……トヨタが20年ぶりに復活させたスポーツ4WDであると同時に、トヨタのスポーツブランド「GR」を支える重要なスポーツ戦略車である、このマシンのドライバーの一人であるモリゾウ選手の本名は豊田章男。GRヤリス開発の決断をした当人であり、このクルマのマスターテストドライバーであり、トヨタ自動車の代表取締役社長でもある。そして、現在は日本自動車工業会の会長も務める。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加