メニュー
閉じる
戻る
閉じる

テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭の復活はゆっくりでいい 18歳の勢いに屈するも「5、6割」で見せた100点のプレー

2020/09/20 20:00

 
錦織圭の復活はゆっくりでいい 18歳の勢いに屈するも「5、6割」で見せた100点のプレー<Number Web> photograph by Getty Images

イタリア国際では2回戦で姿を消した錦織圭。とはいえ徐々に“らしさ”が戻ってきているのも事実だ

photograph by

Getty Images

 18歳当時、世界ランキング244位だった錦織圭がツアー初優勝を果たした頃を間近で見ていた人々は、今の筆者と同じような感覚を味わっていたのだろうか。

 9月18日、クレーコートで行われたイタリア国際の2回戦で錦織に土をつけたのは、同国中部トスカーナ州カラーラで2002年に生まれた18歳のロレンツォ・ムゼッティ。昨年の全豪オープン・ジュニア覇者はまだ世界249位だが、将来性は明らかだった。

 振り切ったスイングから豪快なフォアを放ち、片手バックを含めてストロークは深い。ミスしても引きずらない精神的なタフさがあり、左右に振られても俊足を生かして拾いまくる。1回戦では全豪、全仏、全米を制した経験があるスタン・ワウリンカをストレートで破っている。この時も錦織戦と同様、実績ある相手に一歩も引かない姿勢で挑み、「なぜか試合前から落ち着いていた」と豪胆な面を見せた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加