メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~BACK NUMBER

三笘薫23歳、旗手怜央22歳だけじゃない! Jリーグのルーキー“空前の当たり年”なのはなぜ?

2020/09/20 11:30

 
三笘薫23歳、旗手怜央22歳だけじゃない! Jリーグのルーキー“空前の当たり年”なのはなぜ?<Number Web> photograph by J.LEAGUE

14試合で8ゴールと大活躍の川崎F三笘薫(16節終了時点)

photograph by

J.LEAGUE

 空前の大豊作である。

 今季のJリーグで躍動するルーキーたちだ。それも豊かな将来性を感じさせる――といった程度の働きではない。堂々、主力の一角に食い込み、しばしば勝敗の行方を決定づけるような大仕事までやってのけるのだ。

 破竹の進撃が止まらない川崎フロンターレの一翼を担う三笘薫や旗手怜央ら大卒新人の活躍はその象徴だろう。さらに鹿島アントラーズで斬り込み役を演じる荒木遼太郎のような高卒新人も続々と出場機会をつかみ、見事な立ち回りを演じている。もちろん、J1、J2を問わず――だ。

 新人という枠を取り払い、来年の東京五輪で出場資格のある年代(23歳以下の選手)に対象を広げると、実に100人を超える若者たちがリーグ戦のピッチに立っている。今季の新人もその一角を占めているわけだ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加