メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ゴルフPRESSBACK NUMBER

規則違反などで協会や選手と“バトル”の過去も…全米オープン初優勝デシャンボーの努力と願い

2020/09/21 18:00

 

4日間アンダーパーで回ったのはデシャンボーのみ。混戦が予想された全米オープンでその“努力”を証明してみせた

 混戦や接戦、大どんでん返しもありうると思われていた全米オープン最終日。日本では首位から5打差の4位タイから挑む松山英樹の悲願のメジャー初制覇に期待が集まっていた。

 しかし、サンデー・アフタヌーンの展開は、混戦でも接戦でもなく、27歳の米国人、ブライソン・デシャンボーの圧勝で幕を閉じた。

 出だしから躓いた松山は序盤から優勝争いの蚊帳の外となり、1バーディ、7ボギー、1ダブルボギーの78とスコアを落とし、通算8オーバーの17位タイでフィニッシュした。

 前日に単独首位に立った21歳のマシュー・ウルフから2打差で最終日を迎えたデシャンボーは、前半で形勢を逆転し、後半はウルフとの差を2打、3打と広げていった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加