メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ゴルフPRESSBACK NUMBER

笑顔と「サンキュー!」と努力は続くも…渋野日向子、全英制覇の意識を「もう捨てていい」 

2020/10/13 11:01

 

米国遠征4試合目となる全米女子プロ選手権で58位タイに終わった渋野。悔しい思いを胸に日本へ帰国する

 10月11日、アメリカ・ペンシルベニア州のアロニミンクGC。ハリケーンの影響で厚い雲に覆われた空の下、キム・セヨン(韓国)が18番でがウイニングパットを沈めて、KPMG全米女子プロゴルフ選手権(以下、全米女子プロ)を制した。初めてのメジャー制覇に両手でガッツポーズして喜んだ。

 渋野日向子は、その優勝シーンを18番の後方から見届けた。

 最終日は変則的な組み合わせだったため、渋野はキムの1つ後ろの組でプレーしていたのである。

「今まで以上に、こっち(米国)で戦いたいとすごく思わせてくれました。レベルの高さも痛感しましたし、なかなかない優勝シーンを後ろから見るというのも経験できました。ああいう景色をすごい見たいし、もっと強くなって、この場で戦いたいなって思いました」

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加