メニュー
閉じる
戻る
閉じる

丸ちゃんのGreen TalkBACK NUMBER

記憶の引き出しを開ける鍵。~プロゴルファーの特殊技能~

2020/10/28 07:00

 

プロが放つ一打はスコアカードだけでなく記憶の中にもしっかり書き込まれる

photograph by

Getty Images

 今回はプロゴルファーの癖というか、勝手に身についている特殊技能についてお話ししたいと思います。それは『記憶力』。大抵のプロは自分の放った一打一打を、何年も何十年も克明に覚えているものなんです。

 ジュニアやアマチュアの大会でも、ラウンド後に取材を受ければ距離やクラブの番手をすらすら説明できます。この記憶は一時的なものでなく、引き出しに入ったままになっていて、僕の場合はその試合のコースに行くと途端に蘇ってきます。

 練習日からの1週間の出来事、ショットを打った後の自分のターフがどこに飛んだか、ターフの形はどんなだったか、ティーを刺した位置まで9割方思い出せる。ただし、そのコースで開催されたのとは違う大会のことを聞かれても全くピンとこない。視覚的な情報がセットになっていて、脳のどこかにしまわれているんでしょうね。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加