メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

バレー界のイニエスタ? 世界的名手クビアクが語ったVリーグの魅力と日本育成へのアドバイス

2020/10/27 17:01

 

今季でVリーグ5シーズン目となったクビアク。世界的プレーヤーが日本でプレーする意味は大きい

photograph by

Yuko Tanaka

 10月17日、コロナ禍を経て無事に開幕を迎えたVリーグ。この日本で5回目の開幕をコートで迎えた外国人選手がいる。

 ミハウ・クビアク。紛れもない、バレー界が誇る世界のスーパースターだ。

 現在、パナソニックパンサーズでプレーするポーランド人は、192cmとバレー界で見れば上背こそ高くはない。だが、インドアのみならず、ビーチバレーで培ってきた世界トップレベルの高い技術を持つ。ポーランド代表でも2014年、18年と世界選手権を連覇を経験し、さらにヨーロッパ選手権やネーションズリーグ、ワールドカップなど、多くの国際大会で数えきれないほどのタイトルを手にしてきた実力者だ。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加