メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

大山加奈が不妊治療の全てを明かした「キャリアと自分の人生、両方を手に入れられる社会になってほしい」

2020/11/12 11:02

 

学生時代からバレーボールに全てを懸けてきた大山加奈。自分の身体のことを改めて知ったのは現役を引退した後のことだった

バレーボール日本代表としてアテネ五輪に出場した大山加奈が、長年の不妊治療の末、今年9月に双子を妊娠したことを報告した。自身と同じ境遇にある女性や今後同じ悩みを抱えるかもしれない後輩のアスリートたちに対し、社会全体として不妊治療に対する理解が進むことを期待して、妊娠、公表に至るまでの自身の葛藤について率直に語った。

 子どもたちからママさんまで幅広い対象に向けたバレーボール教室を開いたり、体罰や勝利至上主義の弊害などさまざまな問題が溢れるスポーツ界へ改善案を提言するなど、引退してもなお第一線で活躍を続ける大山加奈。しかし、その明るい笑顔の陰に秘めてきた苦悩があった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加