メニュー
閉じる
戻る
閉じる

“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

急逝した父に誓うJ1清水入り 早稲田が誇るパワー系ストライカー加藤拓己に鄭大世から激励メッセージ

2020/11/19 17:01

 

J1清水入りを発表した早稲田大3年・加藤拓己。大きく飛躍したストライカーに3年越しのオファーが届いた

photograph by

Takahito Ando

 11月19日、清水エスパルスは早稲田大学3年のストライカー・加藤拓己の2022年シーズン加入内定を発表した。

「J1の18クラブから声がかかったとしても絶対に清水を選んだし、清水に貢献したい」

 新人選手らしからぬ力強い言葉には、高校時代の悔しい思いが重なっている。

 実は今から3年前、加藤は清水に一度振られていた。在学していた山梨学院高校の安部一雄前監督から「清水はダメだった。もう獲得する人数がいっぱいらしい」と伝えられ、目標であった“高卒プロ入り”の道が断たれていたのだ。

 見返してやる――そんな気持ちも抱く年頃だろうが、むしろ加藤のなかでエスパルスへの愛情は日に日に大きくなっていった。それは、なぜか。今回は不器用にも愚直に邁進してきた彼のストーリーをお届けする。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加