メニュー
閉じる
戻る
閉じる

野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

6年ぶりに復活“二代目”「もつ鍋わたり」ベイスターズへの毒舌も健在「モバ浜の話なんかするんじゃねぇよ」

2020/11/20 17:02

 

二代目「もつ鍋わたり」のオープンに駆けつけた元ベイスターズの中野渡進氏(右)。左は新店主のリーチならぬ、リッキーさん。

photograph by

Hidenobu Murase

 2020年11月。東京・国分寺――。

 再開発ですっかり町の印象が変わってしまった北口の駅前は、かつて日の当たらなかった裏通りにも明るい光が差し込み、あの暗く湿った寂しい道筋を辿ることも困難になった。

 この奥に、あの店があったのは6年も昔のことになる。

「もつ鍋わたり」

 元横浜ベイスターズの投手、中野渡進。身長192cmの平井堅ならぬ避雷針似の中継ぎ投手。勝負球は気合い。木塚敦志(現DeNA投手コーチ)と同期の1999年ドラフトの7位入団ながら、2001年には63試合に登板して5勝1敗、防御率2.61と大きな結果を残した。しかし、翌年ヒジがぶっ飛んで二軍落ち。さらにその奔放な毒舌がたたり入団わずか4年で球団から放逐されると、「あいつら見返してやる」と04年に弟のタケシさんとオープンしたのがこの「もつ鍋わたり」である。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加