メニュー
閉じる
戻る
閉じる

大学野球PRESSBACK NUMBER

藤原恭大らと同じミレニアム世代…“早慶戦で劇的2HR” 早大・蛭間拓哉が2年生で「覚醒」したワケ

2020/11/23 11:02

 

ヤクルトの“ドラ1”木澤相手に逆方向へのホームラン。蛭間拓哉、その才能は徐々に開花しつつある

photograph by

Kyodo News

 戦後初となる無敗同士の対決となった今秋の早慶戦は例年にない盛り上がりを見せた。1回戦は早大・早川隆久と慶大・木澤尚文のドラフト1位によるエース対決。そして2回戦は両軍合わせて計14投手が登板する総力戦となった。

 その激闘を一層引き立たせたのが早大の若きスラッガー蛭間拓哉だったことは、野球に造詣がある人なら誰もが知るところだろう。早慶1回戦では7回に勝ち越しの、2回戦では9回に逆転の本塁打を放ち、早大を10季ぶり46度目の優勝に導いた。

 2018年夏の甲子園は第100回全国高等学校野球選手権記念大会ということもあり、大会前から大いに注目を集めていた。絶対王者・大阪桐蔭をどこの高校が倒すのか。世間の関心はその1点に集められていたと言っても過言ではなかった。その中で対抗馬として挙がっていたチームの一つが浦和学院だった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加