メニュー
閉じる
戻る
閉じる

プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人が日本シリーズ「全試合DH」を受けた本当のワケ 周東佑京に“秘密兵器”を使うためだった!

2020/11/20 17:05

 

今季、13試合連続盗塁成功の世界記録を達成した周東。日本シリーズで、巨人はその快足を止められるか

 たかが盗塁。

 しかし今年の日本シリーズは、その盗塁が勝負の決め手となる可能性を秘めている。

 いよいよ11月21日から始まる日本シリーズは、昨年と同じソフトバンクと巨人の激突となった。

 昨年はソフトバンクの4連勝という予想外の結末に終わったこのカードだが、リベンジを期す巨人にとって、今年は徹底的にマークすべき選手がもう1人、増えているのが気になるところだ。

 ソフトバンクのスピードスター・周東佑京内野手である。

 レギュラーシーズンでもソフトバンクは、周東の足から苦しい局面を切り開いて、結果的に大きな勝利を手にした場面が1度や2度ではなかった。ド派手なホームランや快投乱麻のピッチングではない。周東は走ることで、試合の流れを動かせる選手なのである。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加