メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Number ExBACK NUMBER

バスケ界の重すぎる称号“ネクスト・ジョーダン”に消えた天才たち…なぜレブロンは「23」のプレッシャーに勝てた?

2020/11/23 17:00

 

ジョーダン(左)とレブロンの胸には、「23」の番号が輝く

photograph by

Yoshihiro Koike/Yukihito Taguchi

 背番号「23」のNBA選手と言われたときに、真っ先に誰が思い浮かぶだろうか。90年代からのオールドファンならマイケル・ジョーダン、21世紀に入ってからのファンならレブロン・ジェームズと答える人が大半なのではないだろうか。

 NBAの様々な記録を集めているウェブサイト、バスケットボール・リファレンスによると、これまでNBAで背番号「23」をつけた選手は235人いるという。カルビン・マーフィー(1970-83, ヒューストン・ロケッツ他)、マーカス・キャンビー(1996-2013, ニューヨーク・ニックス)、現役ではドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ルー・ウィリアムズ(ロサンゼルス・クリッパーズ)らも背番号「23」の選手として知られているが、235人の中で、実績でも知名度でも、そして人気でも、ジョーダンとレブロンがダントツなのは間違いない。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加