メニュー
閉じる
戻る
閉じる

オリンピックPRESSBACK NUMBER

朝ドラ『エール』古関裕而が「オリンピック・マーチ」に取り入れた「日本的」な“超有名曲”とは

2020/11/23 06:00

 

数々のスポーツ音楽を遺した古関裕而の生涯をモデルにしたNHK連続テレビ小説『エール』はいよいよ最終週をむかえた

photograph by

Kyodo News

 1930年代から戦後にかけて無数の流行歌や軍歌を残した作曲家、古関裕而の生涯をモデルにしたNHKの連続テレビ小説「エール」がこの11月でフィナーレを迎える。劇中でも描かれていたように、古関はスポーツと縁の深い作曲家でもあった。「六甲おろし」や「闘魂こめて」などのプロ野球応援歌、全国高等学校野球選手権大会の大会歌である「栄冠は君に輝く」、さらには1964年の東京オリンピックに合わせて書き上げられた「オリンピック・マーチ」の作曲者としても知られている。

 1964年の東京オリンピックでは「オリンピック・マーチ」のような公式曲だけでなく、いわゆる便乗商法的な非公式の楽曲も数多く作られた。また、現在ではあまり知られていないが、幻に終わった1940年の東京大会でも複数の楽曲が作られ、同大会の返上と共に歴史の彼方へと葬り去られた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加