メニュー
閉じる
戻る
閉じる

プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人が「ソフトバンクに4連敗」の影に怯えている? エース菅野智之が“ねじ伏せられなかった”ワケ

2020/11/22 12:15

 

栗原に本塁打と二塁打2本で4打点を許した菅野。1人の打者にこれほど打たれるのは珍しい

photograph by

Hideki Sugiyama

 自信に満ちて相手を見下ろして戦うソフトバンク。重圧が重圧を呼んで相手の影がどんどん大きくなってしまった巨人。それが日本シリーズの第1戦だった。

 ソフトバンクが千賀滉大投手、巨人が菅野智之投手という両エースの激突となった日本シリーズ初戦は、昨年4連勝で日本一に輝いたソフトバンクが5対1で完勝した。

 屈辱の4連敗。勝負の裏には巨人選手たちに、その昨年のトラウマが大きな影を落としているように見えた。

 その影が端的に出たのが菅野のピッチングだったのではないだろうか。

 今季は開幕から13連勝を飾り、リーグ連覇の原動力となった右腕だが、連勝中も決して絶好調というわけではなかった。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加