メニュー
閉じる
戻る
閉じる

プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人、ソフトバンクの“真っ直ぐ”が打てない衝撃 「リアルにロッテより弱い」の声も…

2020/11/23 13:00

 

第2戦に先発し、6回途中まで2失点に抑えた石川

photograph by

Hideki Sugiyama

 わずか39秒の中に巨人・原辰徳監督の屈辱が詰め込まれていた。

「やはり流れがこっちに来ないというかね。最初に渡してしまったというね。(移動日で)明日1日ありますから。猛練習して、明後日に備えますよ。以上!」

 京セラドームの一塁側通路。

 新型コロナウイルスの感染予防で取材人数が制限されているため、監督を取り巻く記者はわずかに5人しかいなかった。そのことがせめてもの救いだったようにも思えた。

 取材に立ち会った記者によると至って穏やかな口調だったが、顔は少し紅潮していたという。

 前日にエースの菅野智之投手がソフトバンク打線の餌食となり、この日も先発の今村信貴信投手がアッという間に鷹打線の奔流に飲み込まれた。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加