メニュー
閉じる
戻る
閉じる

プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人、「球際が弱い」「状況判断ができない」…第4戦で「最後の一歩」をしっかり踏み出せるか

2020/11/25 12:05

 

悪送球をして茫然とする巨人・吉川尚。手前は二塁に向かおうとするソフトバンク・周東

photograph by

Naoya Sanuki

 素晴らしいプレーを10回しても、たった1回の防ごうと思えば防げるミスをしてしまえば、すべてが帳消しになってしまう。

 それが短期決戦の恐ろしさである。

 6回2死三塁から見せた巨人・吉川尚輝二塁手のファインプレー。ソフトバンクの代打・長谷川勇也外野手の一、二塁間を抜けようかという当たりを飛び込んで止めて、一塁に殺した。

 スピードがある吉川尚だからこそできたスーパープレーだった。

 そういうプレーができるのが、吉川尚という選手の魅力ではある。ただ、その身体能力の高さでボールに追いついたが、瞬間的な状況判断を誤ったことが裏目に出てしまったのが、先制点を許した3回の守備である。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加