メニュー
閉じる
戻る
閉じる

プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人の「どうしようもない力負け」を演出した鷹エース・千賀滉大 坂本、岡本に植え付けた“残像”とは

2020/11/26 11:45

 

初戦に先発して7回無失点に抑えた千賀。シリーズ全体に影響を及ぼす見事な投球だった

photograph by

Nanae Suzuki

 屈辱の4連敗……いや8連敗だった。

「私も含めてコーチ、選手がまだ1回りも2回りも大きくならないといけない」

 グラウンド上でソフトバンクの勝利のセレモニーが繰り広げられる中で、巨人・原辰徳監督の敗者のインタビューは淡々と進行した。

 昨年に続いてのスイープでの完敗。

 セ・リーグを独走で連覇して臨んだシリーズは、昨年の屈辱を晴らすためのものだったはずだ。ところが現実として突きつけられたのは、力の差を縮めるどころか、むしろ昨年よりさらに高くなったソフトバンクの壁だった。

 4試合を振り返ると「あそこで誰かが1本打てていれば」とか「あのミスがなければ」という具体的な場面はあまりない。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加