メニュー
閉じる
戻る
閉じる

バレーボールPRESSBACK NUMBER

東大卒がなぜバレーボールのアナリストに? 日本代表・古賀紗理那も「裏ボス」と信頼する“伝える”技術

2020/11/28 06:00

 

東京大学運動会バレーボールを経て、2018年よりNECレッドロケッツのアナリストを務める藤原稜さん

photograph by

NEC RED ROCKETS

 バレーボールV1リーグ女子のNECレッドロケッツは、10試合終え、8勝2敗の2位につけている(11月27時点)。エース古賀紗理那、山田二千華など日本代表選手たちの活躍もさることながら、好成績の背景には、隠れた“参謀”の存在が大きい

 東京大学出身のアナリスト、藤原稜だ。

 医師や運営に携わるスタッフを除けば、バレーボールトップカテゴリーの現場に携わる中で東大出身者は彼ひとりである。

 アナリストは、参謀や頭脳とたとえられ、戦術を組み立てるうえで不可欠な存在だ。NEC金子隆行監督も「内閣で言うならば官房長官。彼に頼るところは非常に大きい」と評する。

この記事はスゴ得会員限定です。
スゴ得会員になると続きをお読みいただけます。

スゴ得会員登録
約200の人気・有料アプリが使い放題!

RANKING

もっと見る

INFORMATION

USER SUPPORT

スゴ得会員登録
 
マイページに追加